杜の都のシンガーソウルライター

ラリー船長ホームページにようこそ!!

     ~ラリー船長からの手紙~

私たちが同じ時代を旅していることに感謝します。ラリー船長のホームページにご乗船いただきました皆さんは、どこでラリー船長に出会いましたか?いま、大航海の真っ只中にいますか?それとも、平穏な日々を過ごしていたりしますか?いつの間にか仲間になっている人もいれば、いつの間にかいなくなる人もいます。嵐のときほど、何が必要か、明確に見えるものかもしれません。

 

アメイジング・グレイス

  1. 驚くばかりの 恵みなりき この身の汚れを 知れるわれに
  2. 恵みはわが身の 恐れを消し 任する心を 起(おこ)させたり
  3. 危険をもわなをも 避け得たるは 恵みの御業と 言うほかなし
  4. 御国に着く朝 いよよ高く 恵みの御神を たたえまつらん

ラリー船長 プロフィール 

 

2001年、下村誠プロデュース1stアルバム「ブルーヴァージンズ/ラリー」でNatty Recordより全国デビュー。90年代、路上演奏中に「声がラリってるねえ」と通りがかりのお坊さんに言われ、ラリーとのあだ名になった。ライブ活動を行いながら、さまざまなミュージシャンと交流し、ハワイの人間国宝ジョージナオペ氏の新作CD「Aloha Sendai, Uncle come home」で初プロデュースを務める。2011年、セカンドアルバム「ブラックヴァージンズ」を発表。2012年、木暮”shake”武彦氏(レッドウォーリアーズ)のオープニングアクトで意気投合、ジャズフェスティバル野外音楽堂にて共演。2017年、下村誠氏と共に録音した音源をもとに1stアルバムをセルフカバー。「ブルーヴァージンズ・レヴォリューションズ」として未発表曲を加えて発表。また、地元のバンド仲間と共に「The海賊団」を結成。現在、ソロ活動と共にバンドでのライブも行っている。

-LIVE MOVIE-

その他の情報は「MENU」をご覧ください。